韓国釜山のG-STARに行ってきました

LINEで送る
Pocket

おはようございます。
仕事で釜山に来ています。

何も考えずに予約したホテルが海雲台(ヘウンデ)という観光地だったようで、海辺が近くなんともフォトジェニックです。

釜山ははじめて来ましたが、非常に活気があり街の雰囲気も良く、経済的な苦境が報じられる韓国のイメージとは少し異なります。

仕事で訪れた韓国最大のゲームショウ「G-STAR」の会場。
韓国は世界でも最もゲームが好きな国の1つ。G-STARは大入りでした。

G-STARにあわせてヘウンデの海岸に設置されていたシューティングゲーム「フォートナイト」のモニュメント。
フォートナイトは日本でも最近知名度が上がってきたeスポーツのゲームの中で急成長中のタイトル。eスポーツが人気の韓国でシェアを拡大しよう!という気合が見られます。

G-STAR会期中は釜山の街中いたるところにフォートナイトの広告が見られました。

観光も少しだけ。
20年ぶりくらいに撮った大学生っぽい写真。そして生まれて初めての小顔ポーズ。

世界一豚肉をおいしく食べる国、韓国。サムギョプサルは外せません。

日韓はここのところ歴史問題や国家間の懸案などに関するあまり良くないニュースが多く、渡航前に「反日感情が高まっているようだから気をつけてね」と、一部の方に心配されたりもしましたが、
私の今回の釜山出張に関していえばそんな雰囲気はまったく無く、
仕事関係の方も、釜山の街の方も、とても親切でフレンドリーでした。

特にタクシーの運転手さんは、こちらが日本人と分かると大喜びで、釜山の街について説明してくれたり、日本語の歌を大声で歌いだしたり、まあなんとも陽気でした。(でも運転はちょっと荒い)

最後に(というほど書いていませんが)G-STARの写真をもう少しご紹介します。

フォートナイトのステージを見るゲームファン。

フォートナイトはシューティング(バトルロワイヤル)ゲームですが、女性ファンが多いのが特徴。

バトルロワイヤルゲーム、PUBGの人気にあわせて軍服のコスプレが多かった。

女性も。

異様にクオリティーの高い人も。兵役があるからかな?

萌文化は日本と共通点多し。

韓国釜山のG-STAR、気になる方は行ってみてください。日本から近くて航空券も安くおすすめです。

年内もう少し海外に行きますので、(そのときにやる気と時間とネタがあれば)またブログを書くかもしれません。
では〜

LINEで送る
Pocket